2018年度から「第2期 データヘルス計画」がスタート

平成27年度からスタートした第1期データヘルス計画は平成29年度まで3年間実施されました。
平成30年度からは、第2期データヘルス計画が平成35年度までの6年間実施されます。

※1 データヘルス計画とは

データヘルス計画とは、平成25年6月に閣議決定された「日本再興戦略」に盛り込まれた「国民の健康寿命の延伸」を目指す取り組みの一つです。
データヘルス計画のねらいは、電子化され、蓄積されたレセプトデータと健診データなどを活用して、自健康保険組合の加入者の健康状況を経年推移で捉えたり、他の健康保険組合と比べてどのような特徴があるのかを知ることで、加入者の特性に応じ、より効果的、効率的な保健事業を展開していくものです。

データヘルス計画では、健康保険組合などが保有する健診結果と医療費データ(レセプト)などを分析したうえで保健事業を計画(Plan)、実施(Do)します。また、実施した計画事業成果を評価(Check)し、次年度の事業に向けて改善(Act)し、年度ごとにPDCAサイクルを回します。

第2期 データヘルス計画

実効性を上げるための3つのポイント

課題に応じた目標設定と結果、および評価の見える化

データヘルス計画の円滑な運営を支援することを目的に開発された「データヘルス・ポータルサイト」を活用し、健康課題と保健事業の紐付けや、目標および評価指標の設定を進めることで、結果およびそれに対する評価を見える化します。

情報共有型から課題解決型のコラボヘルス体制への転換

事業主と協働(コラボ)して、職場の健康課題の解決を図ることで、疾病予防による医療費抑制にとどまらず、社員のモチベーションアップや企業の生産性向上にも寄与する新たなコラボヘルス体制の構築を目指します。

データヘルス事業の横展開

「データヘルス・ポータルサイト」を活用することで得られる全国の健康保険組合のさまざまなデータヘルス事業の取組好事例を参考とし、加入者の特性・当組合の強みを生かした効果的・効率的な事業展開をしてまいります。

事業主とのコラボヘルス

加入者の健康維持・増進のために健康保険組合が実施する保健事業は、事業主の健康経営®(注)推進の取組とコラボ(協働)することによって相乗効果が期待されます。
コラボヘルスとは、「事業主と健康保険組合が積極的に連携し、加入者(従業員・家族)の健康づくりを効果的に行うこと」をいいます。
「健康寿命の延伸」に向けて、国が強力に推進する疾病予防・健康づくりの重要な柱になっているのが、健康保険組合などによるデータヘルス計画と事業主の健康経営®であり、両者の連携により、疾病予防・健康づくりの実効性を高めることができると期待されています。

(注)健康経営®
事業主が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できるとの基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することを意味しています。
なお、健康経営®は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

コラボヘルスの意義